お金が必要【今日どうしても】急遽お金が必要になったのに借りれない

今日急遽お金が必要になった時どうしますか?家計を預かる主婦ではよくある事ですが、そんな時に貸してくれるところは助かります。

okanegahitsuyou360x120.jpg

お金が急に必要になった場合の最善策

2017年11月03日 14時25分

お金が必要になったらまずは、銀行からの融資を受けることができるかを考えることです。すでに銀行カードローンを利用しているから今度も大丈夫と思うのは早計です。すでにカードローを利用しているから、というそのカードローンがいくつあるのかも気にしなくてはいけません。

すでに3社からの借入れがあるという場合、これは住宅ローンを含まないのですが、3社借り入れというのはなかなか審査に通りにくいでしょう。世間一般的には3社からの借入れがあっても普通だと思うでしょう。しかし、銀行などの金融機関では、すでに多重債務と言ってもいい状態なのです。ですから、この場合銀行カードローンで融資を受けることはあきらめたほうがいいでしょう。

何店舗も銀行を当たっていると、申込みブラックになってしまう可能性が高いのです。個人事業などのビジネス上でお金が必要ということになると百万円単位にお金となるでしょう。そのときはすぐの対応にはならないかもしれませんが、目的ローンの中でもビジネスローンの利用がもっともおすすめです。

また、個人であれば、必要最小限の融資金額の申込みをしましょう。10万円必要なのにサバを読んでというか、貸してくれるからということで、20万円の融資をしてもらわないようにしましょう。借金癖のある人がよく行う手なのですが、必要以上のお金を借りないというのが鉄則です。必要なときにいつでもお金を借りることができる状態がベストです。
okanegahitsuyou360x120.jpg

すでにカードローンの利用をしている人は

カードローンは利用限度額の中でいくらでも入出金ができる金融商品です。ですから、常に利用可能額がゼロという自転車操業をしている人は問題外なのですが、返済を続けていけば、この利用可能額というのはどんどん増えていきます。

利用限度額と利用可能額が同じ金額になれば返済は完了したということになるのです。ですから、自転車操業ではなく常に、利用可能額がある一定の金額を確保している状態なら、急にお金が必要となったときもすぐにカードローンからお金を引き出すことができるのです。

カードローンのメリットはそこにあるのですから、常に利用可能額を確保しておくと、急遽お金が必要といったときに臨機応変に対応できるのです。このことから、借金の返済に借金をしているといった人は利用可能額に余裕がありませんから、危急のときの対応ができないということになるのです。

苦しいときこそお金が必要になったときにお手上げ状態になってしまいます。新たなカードローンの融資を受けることができないことが多いので、既存のカードローンの利用可能額を少しでも確保しておくようにしたいものです。

 
okanegahitsuyou360x120.jpg
okanegahitsuyou360x120.jpg